ガンバレルーヤよしこ、四千頭身・石橋遼大に「8兆円貢ぎたい」

©株式会社光文社

7月5日配信の『お笑いG7サミット TVerオリジナル』(日本テレビ系)で、ガンバレルーヤ・よしこがスナックのチーママ時代について語った。

同日放送の『お笑いG7サミット』では、相方・まひるから犬を2匹飼いたいと190万円の借金を頼まれ、よしこは「いいよ」と即決していた。

TVerオリジナル部分で、よしこは「貢ぎ癖がある」と明かし、スナックのチーママ時代に年下の男性から「連絡先を交換しよう」と言われ、食事に行き、食事代と相手の交通費などをおごったという。

よしこは「かわいい子に貢ぎたくなる」と、その場にいる四千頭身・石橋遼大にも貢ぎたくなると明かす。その額を「8兆円」と話して笑いを誘った。

チーママ時代について、よしこは2019年10月15日におこなわれたドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)の制作発表でもコメントしている。

「年下の男の子マニア」のよしこは「スナックのチーママをしてたときに、人見知りで全然しゃべらない男の子が私にだけ中指立ててきて。私のこと好きなんだと思って恋に落ちた」と明かした。

年下大好きのよしこ。お金は大切にしてもらいたい。