宮野真守がまたタイムリープ!「声優の僕とは違う一面を楽しんで」

©株式会社フジテレビジョン

7月14日(火)12:00より、「日清焼そばU.F.O.」が食べたいけど食べられない男の悲劇を描いたワンカメラ長回しドラマ「U.F.O.たべタイムリープ」がYouTube Liveで配信され、声優の宮野真守が主演を務めることが発表された。
脚本・演出は、フジテレビ「ノイタミナ」枠アニメ『四畳半神話大系』の構成・脚本などを手掛けてきた企画制作集団・ヨーロッパ企画が担当するという。

ドラマ「U.F.O.たべタイムリープ」は、 “「日清焼そばU.F.O.」を食べようとするたびに様々な邪魔が入って食べることができない”という場面を何度も繰り返すというストーリーになっている。

宮野演じる会社員が、お昼休みに「日清焼そばU.F.O.」を食べようとお湯を注いで出来上がりを待っていると、目の前に上司が突然現れる。そのせいで「日清焼そばU.F.O.」を食べられなかった彼は、なんと「日清焼そばU.F.O.」を食べる前の過去へとタイムリープしてしまう。その後も、上司だけでなく部下、はたまたゾンビなど、予測不能な様々な存在に邪魔をされつづけて…。

「日清焼そばU.F.O.」を食べたいのに食べられない世界線に迷い込んだ主人公の悲劇を、アニメ『STEINS;GATE』岡部倫太郎役などで“豊富なタイムリープ経験”を既に持っている宮野が演じていく。

ワンカメラの長回し撮影が始まると、宮野をはじめとした出演者陣と撮影クルーが息の合った動きを繰り広げ、ほとんどのカットが一発OKに。カメラが回っていないところでも積極的にコミュニケーションを取る宮野の人柄によって、緊張感に包まれた現場の空気が和やかなムードに変わっていたという。

ドラマ「U.F.O.たべタイムリープ」は、YouTube「日清食品グループ公式チャンネル」にて配信予定。

公式発表された「主要キャスト相関図」

<宮野真守 コメント>

U.F.O.は普段から食べていたので、今回ドラマを作るという企画に選んでいただけてとっても嬉しいです。僕らしさ全開で挑みました!声優の僕とはまた違う一面を楽しんでもらえればと思います!

<上田誠(ヨーロッパ企画・代表) コメント>

予期せぬ焼そばの食べられなさはタイムリープに値するでしょう。「3分」をテーマにしたタイムリープ焼そばSFができました。