環境省と経団連、定期会合で合意

エネルギー政策など議論

©一般社団法人共同通信社

 小泉進次郎環境相と経団連の中西宏明会長は8日、東京都内で会談し、環境やエネルギー政策をテーマにした環境省と経団連による定期的な会合を設けることで一致した。小泉氏は会談後、記者団に「石炭火力発電だけではなく、エネルギー政策全体も議論していきたい」と述べた。

 会談では、多くの二酸化炭素(CO2)を排出する非効率な石炭火力発電の扱いや、経団連が進める地球温暖化対策を議論した。

 石炭火力発電を巡り梶山弘志経済産業相が段階的な休廃止方針を表明したが、中西氏は会談後「いきなり全てを再生可能エネルギーに切り替えるのではなく、どうやって推移させるかが重要」と話した。