ドコモ、岐阜と三重で通信障害

大雨影響

©一般社団法人共同通信社

 NTTドコモは8日、大雨の範囲が拡大した影響で、岐阜県と三重県の一部で通信障害が発生したと発表した。基地局をつなぐケーブルの故障や停電が原因で、携帯電話がつながらないか、つながりにくくなっている。

 ドコモによると、8日午前9時時点で岐阜県の下呂市と高山市、三重県鳥羽市のそれぞれ一部で障害が起きている。KDDI(au)とソフトバンクも通信状況などを調べている。

 携帯大手3社では4日から、熊本県や大分県、鹿児島県などの一部で携帯がつながりにくくなるといった障害が続いている。