NIE実践に535校指定

日本新聞協会

©一般社団法人共同通信社

 日本新聞協会は8日、学校の授業など教育現場で新聞を活用する「NIE」(教育に新聞を)の、2020年度実践指定校535校(前年度から10校減)を発表した。

 内訳は、小学校219校、中学校174校、高校118校、小中連携4校、中高連携11校、特別支援学校9校。実践期間は原則2年間で、20年度からの新規指定校は227校、継続指定校は308校。協会と各新聞社が購読料を補助し、指定校は授業の中で幅広く新聞を活用する。

 協会とは別に17道府県のNIE推進協議会が小中高校など58校を独自に認定した。

 今年のNIE全国大会は11月に東京都で開かれる予定。