菅氏、沖縄の基地負担軽減に全力

辺野古移設、情勢変化の兆し

©一般社団法人共同通信社

 菅義偉官房長官は8日、沖縄県宜野湾市の松川正則市長と官邸で会談した。同市の米軍普天間飛行場の早期返還と速やかな運用停止の要請を受け「基地負担軽減に全力で取り組む」と答えた。ただ、自民党内では石破茂、中谷元・両防衛相経験者が普天間飛行場の名護市辺野古沿岸部への移設案見直しに言及するなど、情勢変化の兆しも見え始めている。

 要請書は「普天間飛行場の固定化は絶対にあってはならない」と指摘。返還期日の確定などを求めた。

 辺野古移設を巡っては、石破氏が2日の講演で「とにかく進めるというだけが解決策だと思っていない」と述べ、唯一の解決策とする政府方針に疑問を呈した。