ボディボードで日本2位「白波瀬海来」カメラマンを質問攻めに…

©株式会社光文社

「もう1本、波に乗ってきてもいいですか?」
気持ちよさそうに、心から楽しみながら波に乗っている写真を撮影後、白波瀬海来は、無邪気におねだりした。撮影とはいえ、ホームである海で過ごす時間が、楽しくてしょうがないらしい。

「高校卒業までは水泳をやっていたんですけど、サーフィン好きの父の影響で、ボディボードを始めました。父とは、いまも一緒に海に行くくらい、仲いいんですよ。名前は父がつけてくれて、私もすごく気に入っています」

グラビアデビューして間もないが、2019年に全日本大会で2位になるなど、ボディボーダーとしての確かな実力と、人懐っこい笑顔や健康的なスタイルで注目を集める彼女。今回の撮影では、大胆な肌見せカットにも挑戦してくれた。

素晴らしい出来だったのだが、撮影後すぐに、カメラマンを質問攻め。

「私、どうでした? 撮りやすかったですか? 直したほうがいいところは、ありますか? もっとカメラの前で、いろいろできるようになりたいんです」

やる気と向上心も、じゅうぶんなのだ。今後、大きくなること確実な、白波瀬海来という “波” に乗るしかない!

しらはせかいら
22歳 1997年9月27日生まれ 千葉県出身 T156.5・B82W58H88 2019年、「全日本サーフィン選手権大会」ボディボードウィメン部門で2位入賞。ボディボーダーとしての活動に加え、タレント業とグラビアにも挑戦中。そのほか最新情報は、公式ツイッター(@kyra_shirahase)、インスタグラム(@kyra.97)にて

写真・LUCKMAN
スタイリスト・田中陽子
ヘアメイク・萩村千紗子

(週刊FLASH 2020年7月14日号)