上高地に宿泊客ら足止め

290人、国道土砂崩れ

©一般社団法人共同通信社

長野県松本市は8日、大雨による土砂崩れで市中心部と観光地の上高地を結ぶ国道158号が通行止めになり、上高地の宿泊施設の客や従業員、地元の関係者ら約290人が足止めされていると明らかにした。うち宿泊客は約30人で、復旧の見通しは立っていない。