食虫植物へ餌やり挑戦 佐世保・森きらら

©株式会社長崎新聞社

ハエトリソウにピンセットで餌を与える参加者=佐世保市、森きらら

 長崎県佐世保市船越町の九十九島動植物園(森きらら)で5日、食虫植物に餌を与えるイベントがあり、参加した家族連れなど約20人が、めったにできない体験を楽しんだ。
 参加者は、スタッフから6種の食虫植物の解説を聞いた後、「ハエトリソウ」(全長約5センチ)への餌やりに挑戦。虫の代わりに、細かく切ったゆで卵をピンセットで与え、捕食葉を閉じて食べる様子を興味深く観察した。
 初めて餌やりを経験した松浦市立志佐小4年の立石百桃(もも)さんは「植物なのに、食べるのがすごいと思った」と笑顔で話した。
 今後、同園内の観賞温室前特設テント(雨天時は観賞温室内)で、7、8月の毎週日曜と祝日の午後1時から1時半まで実施する。申し込み不要。参加は無料だが、入園料が必要。問い合わせは同園(電0956.28.0011)。