【韓国】LGと環境省、リサイクル包装材の試験事業[製造]

©株式会社NNA

LG電子とLGディスプレー(LGD)は8日、韓国環境省と共同で、廃棄物の削減に向けてリサイクル包装材の試験事業を行うと発表した。

LG電子は試験事業を通じて、システムエアコンの室外機に使う包装材を既存の発泡スチロールから耐久性の高い発泡ポリプロピレンへ変更するなどの取り組みで、発泡スチロールの使用量を年間19万トン削減する目標を立てている。また、段ボールについては年間約85トンの削減を目指す。

LGDは◇パネルの間に挟んで静電気の発生や破損を防止する緩衝シート◇運搬時に衝撃を和らげる発泡スチロール◇フォークリフト用の運搬パレット——などを回収して再利用する事業を進める。

同社は、有機ELテレビの包装材の80%を回収して再利用を5回以上行えば、包装材を約70%減らすことができると試算している。

LG電子は2012年から、環境に優しい素材の使用促進などを通じて包装材の廃棄量を減らす取り組みを続けてきた。

LG電子とLGDが試験的に導入するリサイクル包装材の使用例=韓国(LG電子提供)