【日録交通死亡事故】6県6人(7/8)

福岡県須恵町で2年10か月ぶり

©合同会社交通時象社

警察庁交通企画課まとめによる交通事故死者日報によると、7月8日(水)付では6県で6人が新たに確認されています。なお、1件が過去発生分の計上となっています。
各都道府県警察発表・報道等からの詳細は下記のとおりです。福岡県須恵町では約2年10か月ぶりの発生となりました。
≪本年190日目:累計1415人(前年比-65)≫

■栃木県:1人<29人(-18)>
・益子町(5日昼) 本年初
 町道で原付単独事故、60代後半男性が死亡〔栃木県警/下野新聞〕

■千葉県:1人<58人(-15)>
・千葉市若葉区(17:10頃) 本年2件目
 軽乗用車が道路脇のガードパイプに衝突事故、高齢男性が死亡〔千葉県警〕

■神奈川県:1人<74人(+2)>
・横浜市港北区(12:55頃) 本年3件目
 主要地方道(環状2号)で右折待ちの車を避けようとした原付と並走していた路線バスの接触事故、原付の50代前半女性が死亡〔テレビ神奈川〕

■静岡県:1人<56人(+5)>
・藤枝市(00:50頃) 本年2件目
 国道1号バイパスで原付に大型トラック追突事故、原付の30代後半男性が死亡〔静岡県警〕

■愛知県:1人<81人(+18)>
・岡崎市(7日20:30頃) 本年5件目
 横断歩道の歩行者と軽乗用車の接触事故、70女性が死亡〔愛知県警/中京テレビ〕

■福岡県:1人<44人(-5)>
・須恵町(昼前) 本年初
 歩行者とトラックの接触事故、60代1人死亡〔福岡県警〕