キンプリ・岸、長澤まさみと共に顔認識アプリと本気演技で対決。「僕は基本、命懸けでやっています!」

©株式会社東京ニュース通信社

7月10日にフジテレビ系で放送の「でんじろうのTHE実験SP」(午後8:00)では、長澤まさみがKing & Prince・岸優太らと共に視聴者の疑問を解決する。

米村でんじろう先生指導の下、芸能人たちの体を張った「検証実験VTR」に加え、スタジオでは、オードリー・若林正恭が番組を進行、オードリー・春日俊彰はゲストと共にでんじろう先生が考案したパワーアップ実験に挑む同番組。今回、長澤、岸、NON STYLE・井上裕介が「最近感情を読み取る顔認識アプリがはやっていますが、女優さんの演技力があれば機械をだますこともできませんか?」という視聴者の疑問に答える。

これまでも番組で体を張った実験に何度も挑んできた岸が「この番組、すごく体を張りますけど大丈夫ですか?」と尋ねると、「そんなにすごいんですか?」と少し驚く長澤。すると岸は「僕は基本、命懸けでやっています!」と真剣な表情で答え、そのVTRをスタジオで見ていた若林は「確かに岸くんはいろいろ体張ってきたよね」と共感。

長澤らは、顔の特徴を高速で検出・分析して個人を判別するだけでなく、「幸せ」「驚き」「怒り」など感情も見抜く最新顔認証システムと対峙(たいじ)し、3人にイチゴを食べてもらい「幸せ」度数を計る。3人の中の1人は“食べている演技”をしており、「幸せ」度数から誰が食べていなかったかをシステムの専門家が予測する。「長澤さんだからできると信じたいけど、今の技術はすごいですからね…」と、でんじろう先生も驚異を感じる最新科学技術を駆使した顔認証システムに女優・長澤が本気の演技力で挑む。

そのほか、初登場の日向坂46・佐々木久美、渡邉美穂、ぺこぱ、フワちゃんらは、身近にあるものが制作される過程の映像を見て、何を作っているかを早押しで回答する企画「作り方を見ればあの仕組みがわかる!クイズ○○の作り方」にチャレンジ。若林から「先生はクイズがあまり得意でないようですけど、日向坂46に負けないように頑張ってくださいね!」とチクリと言われてしまったでんじろう先生は、「かわいいだけのアイドルには負けません!」と戦闘モード全開。

困惑気味の佐々木、渡邉だったが、驚きの正解力を見せつける。1日に200万個も作られるポルトガル伝来の商品が出題されると、渡邉は映像が流れてからわずか10秒足らずで正解。その後も2人は早々に正解を連発し、でんじろう先生は「もう、早すぎ!」と悔しさをにじませる。彼女たちの大活躍ぶりに感心した若林は、特別にファンへのメッセージタイムをあげることに。かわいらしさに全開のメッセージは必見。

また、今回の収録に途中から参加したのは、チョコレートプラネット・松尾駿。なんと待望の第1子誕生を見届けたその足で収録に駆けつけたという。父親になったばかりの松尾を、でんじろう先生やオードリーらが「おめでとうございます!」と盛大な祝福で迎える。

若林から「今日は収録に来なくてもよかったんじゃないですか?」と言われると、松尾は「うれしくて来ちゃいました」とにっこり。「お名前はまだこれからですよね?」と尋ねられると、「もう、決めました! 生まれた日にこの番組の収録があったので…」と番組由来の名前を明かすも、「それはないだろう!」と全員から突っ込まれてしまう。