永瀬正敏、採算度外視で“学生映画”に主演 「若い彼らこそが未来」6年越しの念願叶う

©まいどなニュース

「映画界の未来を担う彼ら彼女たちに“一生懸命やったけれどダメだったじゃん”と思ってほしくなかった」。そう願い続けて約6年。俳優の永瀬正敏(53)が劇場公開を切に願っていた主演映画『二人ノ世界』が、7月10日から劇場公開される。

作り上げたのは京都芸術大学映画学科の学生たち。日本のみならず海外でも活動するベテラン俳優が、採算度外視で学生映画に参加した。何が永瀬を突き動かしたのか。

演じたのは、脊髄損傷のために寝たきり生活を送る主人公・俊作。心を閉ざし人を遠ざける俊作の前に現れたのは、盲目の女性ヘルパー・華恵(土居志央梨)だった。第10回日本シナリオ大賞佳作受賞の脚本を、2014年に映画学科の学生が中心となって映画化した。

「一つは脚本が素晴らしかったこと。もう一つは映画界の未来である学生の方々とご一緒できるということ。今の時代に純粋な気持ちで“映画をやりたい!”と思ってくれる若い子がいるのは嬉しい。そんな彼ら彼女たちとご一緒できるなんて光栄です」とオファー快諾の理由を明かす。

とはいえ学生映画。予算を含めて商業映画とは比べ物にならないほどの制約がある。「僕もIT長者みたいにお金に余裕があるわけではありませんし、一応プロの役者ですから、お弁当代くらいはいただきました。でもお金の問題ではないんです。それよりも代えがたいものがあると思うから。若い彼らが今どんなことを考えているのか興味があるし、逆に僕なんかは“声をかけてよ!”とも思う」と俳優としての参加は常々求めていたものだった。

永瀬が学生映画に参加するのは、実は今回が初めてではない。なら国際映画祭では学生映画部門の審査員を務めるなど、かねてから若い才能の発掘には意欲的だった。

「学生たちの熱意に突き動かされるというか、若い彼らこそが未来だからです。そんな彼らに頑張ってもらって今後の映画界を支えてもらう。“また未来で会いましょう”と別れて、プロの現場で彼らと再会する。それって凄く夢があることですよね」と相好を崩す。

学生たちとの撮影でしみじみ感じるのは「逆に僕が育ててもらっている」という新人時代に戻ったような感慨だ。「僕が劇中で使用する電動車イスを借りるのにもお金がかかります。しかし予算がない。学生さんはレンタル会社に何度も足を運び、必死に交渉し、借りてくる。スタッフだって一人一役ではありません。当時学生だったミズモトカナコさんは女優として出演しながら、出演シーンが終わると急いで助監督に変身。そんな姿を見ると“俺は役者だからな!”と言ってふんぞり返るのは違うだろうと思わされる」。

様々な現場を渡り歩いてきたプロとしての経験値と、これからの映画界を支えるであろう学生たちの純粋なまでの情熱が交わった結果生まれた『二人ノ世界』。撮影から約6年の時間を経て、ついに劇場公開される。

「僕としては“学生が頑張りました!どうぞ観てください!”という思いはありません。なぜならばプロが作ったものと少しも引けを取らない作品になっているからです」と完成度に太鼓判を押す。

劇場公開を願っていたのは、作品の完成度はもとより、当時参加した学生たちの熱意に光を当てたかったから。「6年間ずっと映画館で上映しなければダメだと思っていました。それは未来を担う彼ら彼女たちに“一生懸命やったけれどダメだったじゃん”と思ってほしくなかったからです。当時参加した学生さんたちには一生誇りに思ってほしいし、彼らが込めた想いを受け取った若い世代が“映画をやりたいな!”と思ってもらえたら。それこそ本望です」。未来にバトンを繋ぎたい。永瀬の想いはいくら時間が経過しようとも変わらない。

(まいどなニュース特約・石井 隼人)