山形・金山町で「親父達の道楽 カメラ&写真展」開催中

©株式会社河北新報社

 デジタルカメラが普及する中、貴重で懐かしいフィルムカメラを紹介する「親父(おやじ)達(たち)の道楽 カメラ&写真展」が山形県金山町のマルコの蔵で開かれている。入場無料、16日まで。

 町の愛好家らでつくる「金山写心倶楽部」の有志5人が主催し、所有するカメラ93台や望遠レンズなどを展示。冒険家の故植村直己さんのためニコン社が提供したのと同型で氷点下でも使用できる700台限定の「F2」など珍しい機種が並ぶ。風景写真約20点も展示する。

 午前9時~午後5時。最終日の正午~午後3時、一眼レフ数台を触ることができる。連絡先はマルコの蔵0233(32)1212。