藤井七段、最年少獲得は持ち越し

将棋の棋聖戦で初黒星

©一般社団法人共同通信社

第91期棋聖戦5番勝負の第3局で渡辺明棋聖(左)と対戦する藤井聡太七段=9日、東京都千代田区(代表撮影)

 将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)が渡辺明棋聖(36)に挑む第91期棋聖戦5番勝負の第3局は9日、東京都千代田区で指され、142手で後手の渡辺棋聖が勝ち、対戦成績を1勝2敗とした。最年少タイトルにあと1勝の藤井七段は初黒星を喫し、快挙達成は次局に持ち越された。

 対局を終えた藤井七段は「まとめ方が分からなかった。途中からミスが出たのは、実力かなと思う」と振り返った。シリーズ初勝利を挙げた渡辺棋聖は「この勢いで、来週(の第4局)も頑張れればと思う」と話した。

 最も若いタイトル奪取は1990年、屋敷伸之九段(48)の18歳6カ月。第4局は16日。