梅雨前線の活動 活発な状態続く 大雨長期化か

©株式会社サニースポット

梅雨前線が、九州北部から日本海側を通って日本の東に延びています。前線は、ゆっくり北上し、あさって11日(土)には日本海から東北に達する見込みです。また、あす10日(金)の朝には前線上の朝鮮半島付近で低気圧が発生し、あさって11日(土)にかけて日本海を北東進するでしょう。
前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、あす10日(金)にかけて、大気の状態が非常に不安定となり、前線の活動が活発な状態が続く見込みです。
西・東日本では、これまでの記録的な大雨で、地盤の緩んでいる所があり、土砂災害の危険度の高まっている所があります。西・東日本では、あす10日(金)にかけて、局地的に雷を伴う非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。また、あさって11日(土)以降も大雨の続く恐れがあります。

【あす10日(金)18時までの24時間に予想される雨量】多い所で
九州北部地方 300ミリ
四国地方 200ミリ
九州南部 150ミリ
東海地方 130ミリ
関東甲信地方 120ミリ
北陸地方、近畿地方、中国地方 100ミリ

【あさって11日(土)18時までの48時間に予想される雨量】多い所で
四国地方、九州北部地方 300から400ミリ
東海地方、九州南部 200から300ミリ
関東甲信地方、北陸地方、近畿地方、中国地方
150から250ミリ

西・東日本で広く、土砂災害、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、低地の浸水に警戒・注意、竜巻などの激しい突風や落雷に注意してください。