ジミー大西 自粛期間中は瑛人の「香水」とE-girlsの「Follow Me」にハマっていた

©株式会社ジェイプレス社

資源を使い捨てにしないライフスタイルに向けたメッセージを発信する『イオン×よしもと みんなで #マイバッグキャンペーン』の一環で、芸人としても画家としても活動を続けるジミー大西によるデザイン柄で、リサイクル原料を使ったオリジナルな“マイバッグ“を7月14日に発売する。9日、都内の吉本興業東京本部で、マイバック発売に先立ちジミー大西が合同取材に応じた。

デザインについて聞かれると「忘れ物をしないように、派手なデザインにした」と明かし、「サラリーマンさん、お爺ちゃん婆ちゃん、若い人にも持ってもらったら嬉しいな」と幅広い年齢層の方に使ってもらいたいと願っていた。

代表質問で、デザインのイメージについてさらに詳しく聞かれ「朝、パッと目覚めたようなイメージで、今から支度するぞ!」と言うことで、人の顔が描いてあり、「実は舌を出している」と明かす。なぜ舌を出しているのか聞かれ「朝、歯を磨いているときにオエェ~!」となった状態だと言い、会場を笑わせた。

また、ジミーは師匠である明石家さんまから、「お前このごろ絵描きへんな」と言われ、描かない理由について「時給が安いから」と答えたそうだが、さんまから「人を楽しませるのに時給なんか関係ない」と諭され、再び絵を描こうと決意したそうで、その時にこのマイバックの話が舞い込んできて、5年ぶりに絵を描いたと明かした。

自粛期間中は家で音楽を聴いていたというジミーは、さんまに教えてもらった「香水」とかを聴き、E-girlsの「Follow Me」では踊りの練習もしていたと明かした。頭の中は「香水」がブームで一杯で、E-girlsの「O-O-O-Oh」にハマってしまったと報道陣を笑わせた。