世界のコロナ感染1200万人超

過去最悪の増加ペース更新

©一般社団法人共同通信社

 【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が9日、世界全体で1200万人を超えた。5日で100万人増と過去最悪のペースを更新し、増え続けている。死者は約55万人に上っている。

 感染者は6月16日に800万人を超えてからは、6日で100万人増が続いてきた。今回は世界最悪の被害が出ている米国での感染者増の勢いが止まらないことも反映し、5日で100万人が上積みされた。

 国別では、米国が300万人台で群を抜いて多く、170万人超のブラジルが続く。インドとロシアが70万人台と、世界の広い範囲で大規模な感染拡大が続いている。