第三セクター連携で「鉄印帳」 群馬はわたらせ渓谷鉄道で発売

©株式会社上毛新聞社

 わたらせ渓谷鉄道(品川知一社長)は10日、大間々、相老の両駅で同社のオリジナル鉄印が押された「鉄印帳」(写真、税込み2500円)を発売する。

 第三セクター鉄道等協議会に加盟する地方鉄道の連携企画で、御朱印ならぬ鉄印をそれぞれの鉄道を訪ねて集めてもらう。参加するのは道南いさりび鉄道、三陸鉄道、いすみ鉄道、南阿蘇鉄道など全国40社で、群馬県内ではわ鉄のみ。鉄印は手書き、スタンプ、プリントなど各社が工夫をこらしたデザインとなっている。鉄印帳は縦16センチ、横11センチの蛇腹折り、48ページ。

 両駅で取り扱う鉄印帳にはすでに鉄印が押されているが、改めて記帳する場合は別途300円が必要。通信販売はしない。鉄道を利用して訪れた人に販売する。取り扱いは午前9時~午後5時。問い合わせは同社(0277-73-2110)へ。