千鳥・大悟が“Mr.クイズ王”伊沢拓司とガチクイズ対決!大悟は「女口説いてる差やろうな」と余裕

©株式会社ジェイプレス社

ABEMAでレギュラー番組『チャンスの時間』#99を、7月8日(水)夜11時より放送した。

7月8日(水)の放送回では、アイドルの小池美由をゲストに迎え、自身がレギュラー出演するクイズ番組ではボケているばかりだが、「ホンマの回答を見せられてない。本当は(クイズも)できる」と豪語する千鳥・大悟さんが、“Mr.クイズ王”こと伊沢拓司とのクイズ対決に挑む新企画「大悟vsクイズ王!クイズの時間」を実施した。

早速登場した伊沢を前に、「絶対に伊沢くんが勝つ」「大悟さん負けます!」と、スタジオでは大悟の敗北を予想する声が上がるが、「ぶっ潰し甲斐がある」「ジャンルによっては負けない」と、強気な姿勢を崩さない大悟。そこで、今回の対決では、“普通にやったら大悟に勝ち目はない”という配慮によって、すべてのクイズが大悟の好きなものから出題されることに。「とんぼ・ノブ・101回目のプロポーズ・タッチ・タバコ・女・刺身・名言」という、大悟向けに偏りすぎた8つのジャンルから、難易度によって10pt、20pt、30ptと分けられた問題が出題される。この特別ルールに、MCを努める千鳥・ノブは、「伊沢くん、受けて立ってくれますか?」と、不利なルールで勝負をすることになった伊沢を案じるが、伊沢は「ここに来たからには敵のことは研究しているので」と、過去に「全国高等学校クイズ選手権」2連覇の経験を持ち“クイズ王”と称されるに相応しい余裕を見せつけた。

そして、伊沢が「クイズ番組で見たことないジャンル」と若干の動揺を見せる中、いざクイズ対決がスタートし、ドラマ『とんぼ』の劇中シーンを切り取った問題や、ノブのTwitterプロフィールにまつわる問題、さらにタバコの銘柄を当てる“タバコ逆再生クイズ”など、大悟が好きなものから次々と出題。写真を見て何の刺身かを当てる“刺身当てクイズ”では、刺身の横に添えられた“肝”が映った瞬間、大悟が「カワハギ」と回答し、見事正解。「大悟をナメすぎじゃない?肝見せたらダメよ」と、大悟が不敵な笑みを浮かべる一方、伊沢は「クイズの作り方が予想以に上手いことに動揺してます」と明かし、「お刺身だけだとなかなか限定できないので、肝を添えておくことによって、“これはカワハギしかない”という言い訳をちゃんと作ってる。それが上手い」と、番組制作陣を絶賛した。

また、「名言」ジャンルからは、タレントの有村藍里が以前本番組内で「人見知りを治したい」との悩みを打ち明けた際に“大悟さんが送ったアドバイスとは?”との問題が出題。「〇〇〇の方が可愛いやん」という言葉をヒントに、伊沢が「“奥手な子”の方が可愛いやん」と、何とか答えを絞り出すが、惜しくも不正解。続いて、アドバイスをした本人でありながら「ちょっとマジで覚えてないねんな…」と、悩ましい様子で回答権を得た大悟が、「でもわしが言いそうなことやろ…。“自信ない子”の方が可愛いやん」と答え、またもや正解を叩き出した。ノブに「(意味的には)ほぼ一緒やったね」と声をかけられ、「(正解まで)いけたな〜!」と悔しそうな表情を浮かべた伊沢に、大悟は「女口説いてる差やろうな。言い方が」と発言し、一同の笑いを誘った。

その後も、大悟に有利すぎる問題の数々に、伊沢は大苦戦…。連続正解を叩き出す大悟に対し、1問も正解できず大きく引き離され、絶望的な状況に追い込まれていくが、予想外の結末が待ち受けていて……はたして、勝利はいったいどちらの手に!

理不尽なジャンル割りと、マニアックすぎる問題に“Mr.クイズ王”こと伊沢がピンチに陥った「大悟vsクイズ王!クイズの時間」は「ABEMAビデオ」にて放送後7日間、無料で視聴可能。

■レギュラー番組『チャンスの時間』 番組要項

放送日: 7月8日(水)夜11時~

放送チャンネル:ABEMA SPECIAL

※提供画像 (C)AbemaTV,Inc.