2千円分お得 プレミアムチケット15日販売開始/八戸市タクシー協会

©株式会社デーリー東北新聞社

八戸市タクシー協会が発行するプレミアム付きタクシーチケットをPRする佐々木良子さん=8日、八戸市

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込んだタクシー利用の回復に向け、八戸市タクシー協会(西條千惠子会長)は15日、プレミアム付きタクシーチケットを発売する。1セット3千円のチケットで5千円分の利用が可能で、計7千セットの限定販売。プレミアム分(2千円)と事業者の感染予防対策は市の補助、支援を受ける。業界を挙げて公共交通の安全性をアピールし、利用促進につなげたい考えだ。

 プレミアムチケットの発行は、公共交通の維持に向けた市の補助事業の一環。タクシーとバス事業者を支援する。予算額は4500万円で、財源には国の地方創生臨時交付金などを充てる。市タクシー協会には2500万円を補助する。

 チケットは500円券の10枚つづりで、協会の会員事業者に日の出タクシーを合わせた9社と、市内の個人タクシーで利用できる。ユニバース、よこまちストア、マエダストアの市内全店舗に加え、三春屋、ラピアで販売し、各タクシー事業者では15日午前9時に一斉発売する。1人2セットまで購入可能で、使用期限は来年2月末。

 このほか、各事業者は補助金を活用して運転手が着用するマスク、車内を消毒する衛生用品を購入し、感染予防対策を強化する。

 プレミアムタクシーチケットの事務局を務める三八五交通の佐々木良子さんは「市民の皆さんをはじめ、特に移動手段が限られている高齢の方々に利用してもらいたい」と話している。

 一方、バスに対する市の支援に関しては、南部バスを運行する岩手県北自動車南部支社、市営バスを運行する市交通部にそれぞれ1千万円を補助。両事業者がプレミアム付きのバス回数券を発行する。1セットで千円分の利用が可能な回数券を500円で販売する予定で、発売日や販売場所などの調整を進めている。

【全文】