「デジタルよりリアルが好きだ」全く新しい『透明人間』を産んだリー・ワネル監督のメイキング入り特別映像到着!

©株式会社近代映画社

全米大ヒット映画『透明人間』(配給:東宝東和)が2020年7月10日(金)より全国公開。この度、本作で全く新しい「透明人間」を誕生させたリー・ワネル監督と、リアルな映像を追求した撮影メイキングが収められた特別映像が到着した。

透明人間との対峙も臨場感溢れるスリルな映像を追求!

『ゲット・アウト』、『アス』などの製作でハリウッドのホラー映画を牽引するブラムハウス・プロダクションズと『ソウ』シリーズの生みの親リー・ワネルが監督、脚本、製作総指揮を手掛けた、本年度注目No.1の恐怖映画。本作は、2月28日に全米で公開を迎えると、ホラー・スリラージャンルとしては、『ジョーカー』以来21週間ぶりの全米初登場No.1を獲得!製作費700万ドルに対しオープニング興収はその約4倍の2900万ドルを稼ぎ出した。

本作の監督を務めたのは、最も成功したホラーシリーズとしてギネス世界記録に認定された「ソウ」シリーズで、製作総指揮と脚本を務め、その後人気ホラーシリーズ『インシディアス 序章』(15)で監督としてデビューすると、バラエティー誌の「注目の監督10人」に選出され、また俳優としても『ソウ』(04)をはじめ様々な作品に活躍するなど、多彩な才能が世界で高く評価されているワネル。本作でも監督としてメガホンを取るだけでなく、脚本、スクリーン・ストーリー、製作総指揮に名を連ねるほか、俳優の経験を生かして役者への演出にも気合を入れている。

今回解禁されたのはそんなワネル監督の映画への意気込みやメイキングの様子が収められた特別映像。透明人間が民間の警察を襲い、また主人公のセシリアが透明人間の疑惑のかかる元恋人に襲われ叫ぶシーンなど、ワネルが得意とするスリリングな展開が息つく間もなく映し出されていく本作だが、続く撮影風景ではワネルが「僕はリー。知らないなら悪い知らせだ。(笑)僕が監督です。」とお茶目に自己紹介をしたり、ジョークを飛ばしたりと和やかな現場の雰囲気が切り取られる。

撮影の第一週目では「『透明人間』を現代版にアレンジしてみたかった。どれだけ怖いか。」と本作の制作に踏み切った心境について目を輝かせながら語っていたワネルだが、6日目では出演キャストが透明人間と直接対峙するシーンの撮影まで進み、「デジタルよりリアルが好きだ。難しくなるけどね。」と臨場感の溢れるスリルを追求した撮影に手ごたえを感じている様子。その言葉の通り、メイキング映像では、セシリア役のエリザベス・モスが自らワイヤーに釣られて大胆なアクションに挑む姿も映し出され、その熱気に満ちた撮影にワネル本人も思わず「カット!凄いよ!見た?」と興奮気味にカメラに喜びの笑みを向けるほど!

これまで数々の独創的なホラー作品に携わってきたワネルが、長く愛されてきたクラシックホラー”透明人間”をどのようにして現代に蘇らせるのか? ワネルが自信を持って届ける、新たなスリルに満ちたアップデート版『透明人間』に期待大だ。

© 2020 Universal Pictures

観客を恐怖に陥れる新アプローチのポイントとは?「透明人間」特別映像解禁 - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)