佐藤浩市×渡辺謙出演『Fukushima50』(フクシマフィフティ)の舞台挨拶の模様やメイキング映像などが解禁!

©株式会社近代映画社

3月6日(金)に公開を迎え、週末興行ランキング2週連続1位を獲得し、期間限定でのストリーミング配信も大きな話題を呼んだ『Fukushima 50』。公開から4カ月が経った今もなお全国約150館で上映されている。この度、『Fukushima 50』舞台挨拶の模様や佐藤浩市、渡辺謙、若松監督のインタビューなどの公開記念特別番組の映像がオンライン上で解禁となった。

2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。そして福島第一原発事故。日本人誰もが経験し、全世界が震撼した福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田隆将(かどたりゅうしょう)渾身のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)原作の映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)。
マグニチュード 9.0、最大震度7という、日本の観測史上最大の地震となった東日本大震災時の福島第一原発事故を描く物語。想像を超える被害をもたらした原発事故の現場:福島第一原子力発電所(通称:イチエフ)に残った地元福島出身の作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれた。世界中が注目した現場では本当は何が起きていたのか―、何が真実なのか―、浮き彫りになる人間の強さと弱さ。東日本壊滅の危機が迫る中、家族を、そしてふるさとを守るため死を覚悟して発電所内に残った人々の知られざる“真実”が、今、遂に明らかになる。主役となる福島第一原発 1・2 号機当直長・伊崎利夫役に佐藤浩市、福島第一原発所長、吉田昌郎役に渡辺 謙。さらには吉岡秀隆、緒形直人、火野正平、平田 満、萩原聖人、吉岡里帆、斎藤 工、富田靖子、佐野史郎、そして安田成美ら、豪華実力派キャストが出演している。

特別番組では2019年4月のクランクアップ記者会見、2020年1月に福島県郡山市で行われた先行特別試写会での主演・佐藤浩市、渡辺謙、若松節朗監督による舞台挨拶、同じく1月に行われたワールドプレミアイベントの様子などを収めている。更には本映像でのみ見ることの出来る佐藤、渡辺、若松監督の特別インタビュー映像と本作の過酷な撮影の裏側を収めたメイキング映像も収録されており、『Fukushima50』(フクシマフィフティ)がどのような想いを込められて制作されたのか、日本を代表
する俳優たちがどれだけの強い意志を持って出演しているのかを強く感じられる映像となっている。

映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)

出演:佐藤浩市 渡辺謙 吉岡秀隆 緒形直人 火野正平 平田満 萩原聖人 堀部圭亮 小倉久寛 和田正人 石井正則 三浦誠己 堀井新太
金井勇太 増田修一朗 須田邦裕 皆川猿時 前川泰之 Daniel Kahl 小野了 金山一彦 天野義久 金田明夫 小市慢太郎 伊藤正之 阿南健治
中村ゆり 田口トモロヲ 篠井英介 ダンカン 泉谷しげる 津嘉山正種 段田安則 吉岡里帆 斎藤工 富田靖子 佐野史郎 安田成美

監督:若松節朗
脚本:前川洋一
音楽:岩代太郎
原作:「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」門田隆将(角川文庫刊)
製作:KADOKAWA
配給:松竹、KADOKAWA

© 2020『Fukushima 50』製作委員会
公式 HP:fukushima50.jp
twitter:twitter.com/Fukushima50JP
facebook:facebook.com/fukushima50jp/