【日録交通死亡事故】4都県6人(7/9)

東京で1日2件3人

©合同会社交通時象社

警察庁交通企画課まとめによる交通事故死者日報によると、7月9日(木)付では4都県で6人が新たに確認されています。
各都道府県警察発表・報道等からの詳細は下記のとおりです。東京都で1日2件3人発生しています。
≪本年191日目:累計1421人(前年比-68)≫

■東京都:3人<69人(+12)>
・大田区(01:59頃) 7件7・8人目
 都道(環状7号)で覆面パトカーから逃走していた乗用車が道路脇のガードパイプに衝突事故、20代前半男女が搬送先の病院で死亡〔警視庁/共同通信〕
・世田谷区(22:57頃) 7件目
 国道20号信号交差点で横断歩道の歩行者と軽乗用車の接触事故、20代女性が死亡〔警視庁〕

■三重県:1人<43人(+8)>
・津市(朝) 6件目
 国道23号バイパス交差点で軽貨物車と乗用車の右直衝突事故、軽貨物車の50代後半男性が死亡〔三重県警〕

■岐阜県:1人<23人(-19)>
・恵那市(13:40頃) 本年初
 中央自動車道でトラックが道路脇の法面に突入、近くにいた点検作業員と接触事故、50代前半男性が搬送先の病院で死亡〔東海テレビ〕

■奈良県:1人<12人(-5)>
・大和郡山市(早朝) 本年初
 国道で軽貨物車が側壁に衝突事故、男性が搬送先の病院で死亡〔奈良県警〕