巨人、7月中は東京ドーム5千人

換気量1.5倍に

©一般社団法人共同通信社

 巨人は10日、28日から8月2日までに東京ドームで行う6試合の入場者数の上限を発表した。28日からのDeNA3連戦と31日の広島戦は5千人とし、8月1、2日の広島戦は新型コロナウイルスの感染状況を見ながら、5千人から引き上げることを検討する。

 感染防止対策として東京ドームの換気量を通常の1.5倍に高め、2階スタンド最前列には飛沫落下防止の透明なひさしを設置する。

 入場券は、11日正午にシーズンシートオーナーへの優先販売を開始。順次、ファンクラブ会員らへの抽選販売を行い、25日午前11時から一般販売する。詳細は球団公式サイトで。