良品計画、米国の子会社が破綻

新型コロナで店舗が営業停止

©一般社団法人共同通信社

2007年11月、ニューヨーク・マンハッタンに開店した「MUJI」米国1号店(共同)

 良品計画は10日、米国で「無印良品」を展開する子会社について、日本の民事再生法に相当する米連邦破産法11条の適用を同日付で裁判所に申請したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で3月中旬以降、店舗が営業停止に追い込まれ、事実上の経営破綻となった。負債総額は6400万ドル(約68億円)。

 良品計画は2006年に米国に進出し、ニューヨークなどに計18店舗を展開していた。同社は今後、不採算店の閉鎖などを進め「事業構造の抜本的な転換を図っていく」としている。