大相撲、観客動員可否13日協議

7月場所開催へ

©一般社団法人共同通信社

両国国技館

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は10日、オンラインで報道陣の取材に応じ、7月場所(19日初日・両国国技館)について、13日の臨時理事会で観客を入れるか否かを協議することを明らかにした。2場所ぶりの本場所開催へ準備を進めている。

 相撲協会は新型コロナウイルス感染拡大と政府の緊急事態宣言により、5月の夏場所を中止した。7月場所の開催地は大人数の移動を避けるため、通常の名古屋から国技館に変更。当初は無観客開催を目指してきた。

 協会は本場所実施へ向けたガイドラインの作成に着手。芝田山部長は「いろいろな状況に合わせて準備を進める」と話した。