佐藤浩市と渡辺謙、4ヵ月ぶりの舞台挨拶「作品で語りたかったことと今の状況は同じ」

©株式会社フジテレビジョン

東日本大震災時の福島第一原発事故を描いた映画「Fukushima 50」の「カムバック上映記念舞台挨拶」が、7月9日に行われ、佐藤浩市と渡辺謙が出席した。

福島第一原子力発電所に残った地元福島出身の作業員たちへの取材を通じ、当時そこで起こった知られざる“真実”を明らかにする今作。主役となる福島第一原発1・2号機当直長・伊崎利夫を佐藤浩市が、福島第一原発所長・吉田昌郎を渡辺謙が演じた。

左から)渡辺謙、佐藤浩市

イベントでは、3月6日の公開から4ヵ月が経った今、ふたりの中で改めて芽生えた作品に対する想いを語った。

まず佐藤は「数奇なこの期間、この映画もいろんな変遷を辿り、もう一度皆さんの前に立つことが出来て不思議な感じがしますけど、嬉しいです」と話し、渡辺は「このような中で映画館に来てくださり、この作品に期待を寄せてくれている皆さん、ありがとうございます」と感謝の挨拶をした。

佐藤はコロナ禍で生活様式が変わった現在において本作を届ける意義を「このような状況の中でいったい人は何ができるのか、その方向を間違えると取り返しがつかなくなる。この映画で語りたかったものと、今の状況は同じだと思います。人災にしない為に僕ら自身が考えながら日常を生きる。社会が変わっていく中でそれぞれが考えていくことを求められる、それを普通に振る舞えるように生活しなければいけない。そうしたことを考えるのにこの映画の中で起きていること、語っていることを改めて見ていただきたいと思います」とコメント。

渡辺は「原発事故では世の中が変革しなければいけなかったことに我々は気付かなければいけなったが、そのまま普通の生活に戻ってしまった。そして、今回の厄災が起きたことで、我々は何をどうやって生きていけばいいのだろうと考えさせられている」と語った。

そしてこの日は、渡辺が演じた福島第一原発の最前線で指揮を執っていた吉田昌郎所長の命日であることを受け、渡辺は「厄災が起きた時などに一番大切なのは“現場の声”なんですよ。現場が何を欲しているのか、現場では何が困っているのか。その声を切に聞いて戦ったのが吉田さん。この日に本作を皆さんに届けられる、現場を大切にした吉田所長をこの映画を通して感じてもらえたら吉田さんも喜ぶと思います」と感慨深げに話した。

さらに2人はコロナ禍で感じた思いも吐露。佐藤は「自分たちの知らないことが多すぎました。マスコミもちゃんと伝えてくれているのに、何故かみんなには届いていない。この不可思議さはいついかなる時もあると思う。今回のコロナ対応でも最前線で戦ってくれている医療従事者の方々は多少の偏見の中で生活を送らなければいけなかった。ただそれは我々が正確に物事を見聞きすれば避けられたと思うんです。この考えは本作で伊崎さんを演じると決まった時に思った気持ちと同じです」と振り返った。

渡辺も「見えない敵と向き合わざるを得ないその恐怖に尽きると思います。原発事故、コロナに関しても最善の注意を払わなければいけない。でも今やらなければいけないことにも対応しなくてはいけないというある種の葛藤の中で人の命と向き合う必要がある。その緊張感と恐怖は今回の厄災とも同じで、相当な緊張感とストレスのある中で対応してくれていたんだなと思いますね」と現場で戦う人たちが背負うものの重さを語った。

また渡辺は公開日の翌日の3月7日予定されていた舞台挨拶が中止になった際のエピソードも披露。取材のために会場には来ていたため「舞台挨拶は中止になってしまったけれど、そのときに10人くらいお客さんが来てくれていて。それで、浩ちゃん(佐藤)とその人たちだけに挨拶しようとスクリーンに向かったんです。満員の中で挨拶するのも醍醐味なんですけど、こうした状況の中でも足を運んでくれたんだと実感できて。2人でいつかこういう日が迎えられると良いねと話していました」とカムバック舞台挨拶を迎えられた喜びを伝えた。

最後に佐藤は「今は本当にどの業界も大変ですけれど、数年経っていつも通りの劇場の姿に戻って、『次の世代にあんな時代があったね』と、そんな時代を経験したからこそ今の仕事を大切にしようと言える時が来るのを待ってます」と、この苦境に対しての力強いメッセージを送った。

最新情報は、映画「Fukushima 50」公式サイトまで。