【新型コロナ】神奈川県所管域で男女8人感染 20~30代が5人

©株式会社神奈川新聞社

神奈川県庁

 新型コロナウイルス感染症を巡り、神奈川県は10日、県所管域で新たに20~70代の男女8人の感染が確認されたと発表した。いずれも軽症で、うち6人が感染経路不明。20代が3人、30代が2人となり、若い世代の感染が目立つ。

 内訳は大和市3人、海老名市2人、秦野市、逗子市、箱根町が各1人。

 大和市で感染が確認された20代の女性会社員はすでに感染が判明している20代男性の濃厚接触者。秦野市では30代の女性看護師の感染が確認されたが、勤務先の医療機関では感染者を受け入れておらず、感染経路は不明とされた。

 県所管域で感染者の増加傾向が続いていることについて、県の担当者は「感染経路不明者が多く、市中感染が広がりつつあるのか注視している。経済活動が再開され、人と人とが接触する機会が増えていることが数字に跳ね返っているのでは」との見解を示した。