前澤友作、総額24億円を配る理由と抽選方法を暴露も…不正の事実が明らかに!?

©株式会社ジーンステイト

画像:時事

9日に実業家の前澤友作さんが、YouTubeを更新。

前澤さんは総額24億円のお金を配る理由と、抽選方法について語り、話題となりました。

前澤さんはなぜ、お金を配るのでしょうか。

前澤友作、総額24億を配る理由と抽選方法に告白?「影響力ありそうな人に配るのやめて」との声

9日に実業家の前澤友作さんが、YouTubeを更新。

前澤さんはTwitter上で頻繁に、抽選があたった方に対して、お金を配付するといった活動をされています。

総額24億円を配った前澤さんは「お金配りおじさん」という自分の愛称を、先月商標にされました。

そんな前澤さんが、なぜお金を配るかをYouTubeで告白。

事業を作るにあたって、人が困っていることが解決され、人が喜ぶことをやることが大切だと語り、前澤さんはお金を配ることで、多くの方々の悩みや問題といった意見が寄せられるとのこと。

前澤さんは、

「色々な声というのがですね、僕の少しだけ得意な事業を作るということにおいて、とても有益なんです」

と、お金を配ることで、多くの方から意見を聞くことが、自分の事業作りにとって有益だと告白。

前澤さんは抽選について聞かれると、

「これは正直非公開なんですけど、毎回毎回色々やり方を変えて当選者の反応とかを見させていただいて。毎回ランダムの時もあれば、ある特殊な方法でやってる時もあって。色々やってますよ。これ言っちゃうと面白くないんで笑」

と、当選方法については口を割ることはありませんでした。

また、本当に当選している人がいるのかと尋ねられると、不正だと文春砲どころの騒ぎではないからしっかりやってますと、笑いながらコメント。

この動画を見たファンからは、

「24億円も配ってるのすごい」

「夢と希望をありがとう」

「影響力ありそうな人に配るのやめてよね。マジでそれは意味ない。お金あるから」

「フォロワー数多い人ばっか抽選されてない?」

と、前澤さんを称賛する声と、抽選の仕方に不満の声を漏らすコメントが寄せられました。

 

前澤友作の事業内容とは?お金を配るために自身の所持する芸術作品を手放す

総額24億円を前澤友作さんは、一般時に配っています。

前澤さんがそれだけの財力を作るにあたって、今までどのような事業をされていたのでしょうか。

ZOZOTOWNの前身となる「スタート・トゥデイ」を1998年に設立しており、2012年に東証第一部に進出するほど、会社を大きくしています。

そんな前澤さんは2016年にフォーブスが発表した「日本の富豪50人」で、14位にランクインするほどのお金落ちに。

2019年にZOZOがヤフーの参加に入ることで、前澤さんは社長を退任しています。

このように前澤さんの会社を大きくする経営手腕と財産を多く持っていることから、24億のお金を配るほどの資金をがあることがうなずけるでしょう。

また、前澤さんはお金を配ることの資金調達のために、自身の所持するアンディ・ウォーホルさんの作品をオークションに出品し、8億8千万円を手にしています。

総額24億のお金を配っている前澤さん。

お金を配ることで、ネット上から新たなビジネスチャンスを発見し、事業を立ち上げ、日本経済を回し続けています。

現在コロナで不況の波が押し寄せて、日本の景気が悪化していますが、この機に前澤さんがどのような活動をされるかが楽しみです。

(文:M.K)