アンジャッシュ児嶋“新たな相方”決定!?「シュール過ぎw」と大好評

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)まいじつ

不倫スキャンダルにより『王様のブランチ』(TBS系)から姿を消した『アンジャッシュ』の渡部建。彼の相方である児嶋一哉が7月4日の同番組に出演し、VTR企画で〝新たな相方〟を発掘したようだ。

渡部の〝おこぼれ〟で準レギュラーを務めている児嶋。この日は4カ月ぶりのスタジオ出演となり、オープニングから「渡部どうしたの?」と自虐ネタで笑いを誘っていった。リポーターとともにドライブを行うVTR企画『コジドライブ』も久々の放送となったが、〝密〟を避けるコロナ対策として、この日は1人で車を出すことに。しかし、旅の相方はしっかりと用意されており、児嶋のもとには「ロボホン」という通話型の自立型ミニロボットが届けられた。

オープニングトークでリポーターとロボホン越しに会話する児嶋だったが、通話が切れると「電話が終わったよ」とロボホン自身との会話モードに突入。児嶋が「名前分かる?」と聞くと「はい。大島さんです」と答え、お決まりのくだりもきっちりとこなされていった。車内の会話でも、「踊ったりできないの?」と言う児嶋に、ロボホンは「できるよ。でも、車内だからね」と返答。さらに、質問を重ねる児嶋に「すごく頼ってくるね」と小馬鹿にした返答を見せるなど、まるで児嶋のキャラを理解したようなクスッとしたやり取りが続いていく。

ロボット相手とは思えないナイス掛け合い

普段、1人の運転ではラジオを聞いていると児嶋が明かすと、ロボホンは「じゃあラジオやって。MCやって」と急な無茶ブリ。児嶋はラジオ風の1人しゃべりを繰り広げたが、盛り上がりのない展開に、ロボホンは「ラジオはやめた方がいいね」と一刀両断してスタジオの笑いを誘った。

ロボット相手とは思えない漫才のような掛け合いに、感心や笑いをあらわにしていくスタジオ一同。視聴者からも、

《児嶋さんがロボホンとお話ししながらドライブしてる面白い》
《児嶋さんとロボホン?のドライブかわいい(笑)》
《児嶋さんとロボホンのロボット漫才面白いなあ笑》
《ロボホンと児嶋さんの会話、シュール過ぎる》
《児嶋さんの新しい相方がかわい過ぎる》
《もう児嶋さんは、ロボホンとコンビ組んだ方がいいと思う》

などと好評が寄せられ、「次の相方が見つかったようだ」と話題になった。

ロボットとの会話という、何とも現代的な光景となった今回の放送。このまま渡部が消えても、新時代を感じさせるニューコンビとしてやっていけるかも?