「キットカット」初のおつまみ爆誕 「甘い&塩っぱい」の最強タッグでお酒が進む

©株式会社ジェイ・キャスト

ネスレ日本(兵庫県神戸市)は「キットカット スナックス」を2020年7月 20日に発売する。「キットカット」ブランドから初めて販売される「おつまみ菓子」だ。

「キットカット スナックス」

内容はボールタイプの「キットカット」、塩ローストアーモンド、コクのあるチーズ風味の大豆のアソート。希望小売価格は税別198円で、全国のコンビニで購入できる。J-CASTトレンド記者は一足先に手に入れ、試食した。

甘いだけ、辛いだけではない「バランスのよさ」が魅力

「キットカット スナックス」の特徴はキットカットの甘さと、アーモンド・大豆の塩味のバランスのよさだ。甘いだけ、塩っぱいだけではないため飽きがこない。袋を開けてから数分と経たず完食してしまった。

記者は、ネスレ日本とクラフトビールのブルワリー「DD4D BREWING」がコラボし、特別に醸造したオリジナルクラフトビール「Chocolate Almond Milk Stout Inspired by KITKAT」を「キットカット スナックス」と共に楽しんだ。「キットカット」の原材料として使用している「カカオパウダー」を使ったチョコレートエールで、黒々とした見た目の通り香ばしい風味だ。発表資料には「麦のロースト香に加えて、カカオとアーモンド」フレーバーとある。記者は、どことなくコーヒーのような香りも感じた。

また、キットカット公式ツイッターアカウントでは「キットカット スナックス」と「Chocolate Almond Milk Stout Inspired by KITKAT」をセットでプレゼントするキャンペーンを実施中だ。<J-CASTトレンド>