探査機、次々火星へ

米、中、UAEの3カ国

©一般社団法人共同通信社

NASAの着陸機「パーシビアランス」に搭載されて火星に到着後、飛行を試みるヘリコプター(NASA提供・共同)

 【ワシントン共同】火星と地球が近づく26カ月に1度のチャンスを生かそうと、この夏3カ国の探査機が次々と火星を目指す。実績のある米国は火星で初めてのヘリコプター飛行など先進的な試みを計画。中国は火星表面軟着陸、アラブ首長国連邦(UAE)は同国として初めて火星周回軌道に挑む。日本は2024年にも、火星の衛星フォボスへの着陸を狙う探査機を送り出す。

 太陽の周りを回る惑星同士の地球と火星は、26カ月ごとに太陽から見て同じ方角に入り、最接近する。次回は今年の10月。近づく機会を捉えて探査機を飛ばせば少ない燃料で火星に到達でき、各国の打ち上げが集中する。

中国の火星探査車(上)と着陸機のイメージ(新華社=共同)