ベッテル「実際は16番手じゃない。アップデートでマシンがすごく良くなった」フェラーリ F1シュタイアーマルクGP金曜

©株式会社サンズ

 2020年F1シュタイアーマルクGPの金曜、フェラーリのセバスチャン・ベッテルはフリー走行1=10番手/2=16番手だった。

 ベッテルは、FP1では25周を走り1分05秒770(ソフトタイヤ)、FP2では40周のなかで1分05秒613(ミディアムタイヤ)をマークした。FP2でベッテルは、ベストタイムをトラックリミット違反で取り消されている。

 フェラーリは予定より1戦早くアップデートを導入、その評価とデータ収集をベッテルとシャルル・ルクレールは集中的に行った。

2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP金曜 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル フリー走行1=10番手/2=16番手
 今日のマシンは先週よりもはるかにいい感じだった。走り始めから違うマシンだと感じ、すぐにうまく走れたよ。この状態が続いてくれるといいね。

 僕のベストラップは(トラックリミット違反により)抹消されたので、ラップタイムだけを見れば最高の一日には思えないだろうね。明日は雨になりそうだから、予選が日曜日になる場合の準備もしていく。

 今日大事なのは、持ち込んできたアップデートをテストすることだった。段階的にパーツをマシンに装着して試したが、うまく機能していたように思う。まだ状況を見ている段階で、マシンを一番いい状態にする最適の方法をこれから探し出していく必要がある。

 ブレーキでもいくつかの作業を行ったが、まだリズムをつかみきれてはいない。それ以外では、通常の金曜日の課題を消化した感じだ。明日がどれくらいの雨になるのか見ていこう。ひょっとしたら意外なことが起こるかもしれないよ。

(Formula1.comのインタビューで語り)乗ってすぐに(先週のオーストリアGPとは)違うマシンだと感じた。全く違う。この状態を維持したい。

 雨になればチャンスが大きくなる。雨がひどすぎるとセッションができなくなるけど、普通のウエットなら、何か面白いことが起こるかもしれない。