家族会結成した地村保さん死去

拉致被害者、保志さんの父

©一般社団法人共同通信社

2002年10月、24年ぶりに北朝鮮から帰国した地村保志さん(右)と手を握り合う地村保さん=羽田空港

 北朝鮮に拉致された地村保志さんの父地村保(ちむら・たもつ)さんが10日午前2時39分、誤嚥性肺炎のため福井県小浜市内の病院で死去した。93歳。小浜市出身。。葬儀は近親者のみで行った。喪主は保志(やすし)さん。

 保志さんと妻の富貴恵さんは11日、同市を通じ「父の救出活動がなければ私たちの帰国もかなわなかった。遺志を引き継ぎ、拉致問題が解決されるよう今後も取り組んでいく」とのコメントを発表した。

 今年6月には拉致された横田めぐみさんの父で、保さんと共に拉致被害者家族会を結成した横田滋さんが87歳で死去した。