45歳・本上まなみ“ノースリーブ赤ワンピ”の妖艶姿にクラクラ…

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ

7月8日、スキンケアブランド『ブライトエイジ』のPR発表会が都内で行われ、女優の本上まなみが登壇。ノースリーブの赤いワンピース姿で、白く透き通った二の腕と美脚を見せつけた。まさに大人の装いだ。

発表会は、同ブランドの商品シリーズ売り上げ本数が500万本を突破したことを記念して開催された。本上は、昨年から同ブランドのアンバサダーを務めており、スキンケア方法やライフスタイルなどについてトークを繰り広げた。

「あらためて500万本と聞くと圧倒されます。自分の肌が気持ちいいと思っての500万本でスゴイと思います。一番自分の身近な肌に触れるもの。信頼できるのがポイント。使い心地がいいと毎日過ごす一瞬一瞬の時間が気持ちいい。それが使い続ける信頼につながると思います。私も信頼しています。日常生活でいろいろと選ぶことが多いのですが、ブライトエイジは迷わない」

家族の最新エピソードも披露

昨年に引き続いてのアンバサダー就任について、本上は、「うれしかったです。昨年アンバサダーになって化粧品ができるまでの話やパンフレットから、国内生産だったり、水にこだわるなど、心を込めて製品を作る思いを聞いて、使用感も自分に合うと思いました。アンバサダーはすごく『うれしい』という気持ちと『出会ってまだ1年』という思いがしました」と喜んだ。

さらに本上は、コロナ禍で自粛が続いた家族のことについての最新エピソードも披露。

「子供が2人いますが、これだけ長い間、家族4人自宅で過ごすのは生まれて初めての経験で、子供を見る、夫婦間、自分を見つめる、という新鮮な経験でした。下の子は小学2年生なので体力を持て余し、家の中で相撲をしたり体力を使っていました。仕事もリモートワークになってラジオやテレビの収録は家でやったので、公私の時間を振り分けるのが大変でした」

45歳となった本上。女優として母として、今後ますます輝き続けることだろう。