平戸市中総体 バレー女子 野子V2

©株式会社長崎新聞社

【バレーボール女子、野子-中部】アタックを決める野子の小山莉(中央)=平戸市、田平中体育館

 平戸市中学総合体育大会は2、5日、市総合運動公園ライフカントリーなどで11競技が行われ、バレーボール女子は野子がV2を飾った。
 球技・武道に469人、陸上に47人がエントリー。ソフトテニス団体の男子は大島、女子は平戸が制した。個人は大島勢が活躍。男子は優勝ペアを含めて3組が4強入り、女子も1、2位を占めた。剣道、空手は団体、個人ともに生月勢が全種目優勝。サッカー、軟式野球はいずれも平戸が頂点に立った。
 陸上は佐世保市総合グラウンド陸上競技場で実施。男子の久保川雅弘(中部)は3年100メートルと共通200メートル、浦川知暉(田平)は3年1500メートルと共通3000メートルで、それぞれ2冠を達成した。女子は前田彩花(同)が3年100メートル、共通200メートル、400メートルリレーの3種目で優勝した。

【卓球男子団体予選リーグ、南部-度島】熱戦を繰り広げる選手たち=平戸市、平戸文化センター