歌人の岡井隆さんが死去

戦後短歌界をけん引

©一般社団法人共同通信社

死去した岡井隆さん

 写実から前衛まで多彩な短歌と鋭敏な批評を数多く発表し、戦後の短歌界をけん引した歌人で文化功労者の岡井隆(おかい・たかし)さんが10日、心不全のため東京都武蔵野市内の自宅で死去した。92歳。名古屋市出身。葬儀・告別式は故人の遺志で行わない。後日お別れの会を開く予定。

 1946年、短歌結社「アララギ」に入り、土屋文明さんの選歌を受けた。初期は写実に根差した短歌を詠んだが、慶応大医学部在学中の51年に近藤芳美さんらと歌誌「未来」を創刊。内科医として病院に勤務する傍ら、前衛短歌運動に取り組み、塚本邦雄さんらと思想性や社会性を反映する表現の可能性を広げた。