厳罰化スタート「あおり運転、録画中!」兵庫県警、あいおいニッセイ同和損保とコラボ ステッカー作成

©株式会社ラジオ関西

社会問題となった「あおり運転」の厳罰化を盛り込んだ改正道路交通法が6月30日に施行された。改正ではこれまで定義がなかったあおり運転を「妨害運転」と規定し、ほかの車の通行を妨げる目的で車間距離を保たないケースや急な車線変更、幅寄せ・蛇行など10の行為を対象としている。罰則は最高で5年以下の懲役、または100万円以下の罰金(高速道路での停車など著しい危険を生じさせた場合)。行政処分として違反点数25点で免許取り消しに(欠格期間3年)。自転車のあおり運転も危険行為と規定した。

■「動く映像、動かぬ証拠に」厳罰化とともに変化する捜査ツール

兵庫県警はあいおいニッセイ同和損害保険とコラボレーションし、ドライブレコーダーの図柄とともに「WARNING 録画中 接近注意!!」と警告したステッカーを2万5,000枚作成、兵庫県警が感謝状を贈った。

ドライブレコーダーの図柄がインパクトに(あいおいニッセイ同和損保・神戸支店)
ステッカーは2万5,000枚作成、交通安全キャンペーンなどで配布

あいおいニッセイ同和損害保険はドライブレコーダーを活用した「事故緊急自動通報サービス」を始めた。ドライブレコーダーが衝撃を感じるとその映像がコールセンターに送られ、専任オペレータが運転手に安否確認などの電話連絡を行っている。

兵庫県警・矢野浩司交通部長(左)とあいおいニッセイ同和損保・中村 哲支店長(右)

あいおいニッセイ同和損保の中村 哲・神戸支店長は「大切なのは街の安心、安全。実際にあおり運転を仕掛けようとした悪質ドライバーが、このステッカーを見て信号待ちのあと車間距離を取るようになったというエピソードもあった。安全運転するドライバーにとって不可抗力ともいえる『あおり運転』。新型コロナウイルス感染拡大防止のための自粛ムードが過ぎ、今後外出の機会が増えても、こうしたことに遭遇しないためにステッカーを活用していただきたい」とコメントした。

あいおいニッセイ同和損保・中村 哲支店長に兵庫県警・矢野浩司交通部長から感謝状が贈られた

■見える証拠、客観的証拠の重要性

兵庫県警の矢野浩司・交通部長は「あおり運転=妨害運転罪の立証には『客観的証拠』が必要。あおり運転は比較的長い距離にわたるため、パトロール中の警察官がその場面に出くわす確率が低くなる。単に被害を受けたという申告だけでは立証できないケースもある。だからこそ客観的証拠としてのドライブレコーダーの映像の重要性が増している」と指摘する。

また長谷川直樹・交通捜査課長は「やはり現場の様子を如実にとらえたドライブレコーダーの映像は嘘をつかない。これからは『動く映像で、動かぬ証拠』ドライブレコーダーによって捜査の迅速化、効率化に努めたい。被害者の方々の思いに応えるためにも」と意気込む。あおり運転の取り締まりを強めている兵庫県警では2018年、道路交通法違反(車間距離不保持)での検挙が1,782件、2019年は2,058件といずれも全国で最多となった(なお2020年1~4月は454件)

兵庫県警本部(神戸市中央区)

■20年前にもあった『あおり運転』被害者遺族は語る

神戸市長田区に住む女性は2000年、弟(当時27歳)が加害者の少年(当時18歳)と車の通行をめぐるトラブルになり、少年が急発進させた車にはねられ、命を奪われた。車間距離を開けずに後ろから車であおられたという。女性はラジオ関西の取材に「いま思えば、その通行をめぐるトラブルこそが『あおり運転』だった」と振り返る。「いまはドライブレコーダーが普及して動画そのものが“見える証拠、物的な証拠”としてひと目でわかる。可視化されている。当時はそんなものはなかった。2017年に起きた東名高速道路の事件をめぐる一連の報道に接して、弟が犠牲になった20年前の事件は『あおり運転』が原因だったんだと確信した」と話す。

今回の改正では酒気帯び運転や酒酔い運転といった、いわゆる「飲酒運転」と同等に悪質性が高い場合は身柄の拘束もあり得るため、今後、あおり運転阻止も含めた安全運転への心掛けが重要となる。