加藤綾子クビ!? 後任キャスターに“犬猿同期”竹内由恵の名前が急浮上

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)まいじつ 

早ければ秋の番組改編期での降板説も飛び交う〝カトパン〟こと加藤綾子。彼女は現在、フジテレビの夕方ニュース『Live News it!』に出演中だが、視聴率で同時間帯の他局番組、日本テレビ『news every.』、テレビ朝日『スーパーJチャンネル』、TBS『Nスタ』から大きく離され〝ひとり負け〟の状態が続いている。

「加藤は昨年4月よりMCとして登場。切り札として期待されましたが、とんだ〝お門違い〟でした。今年に入ってコロナ禍もあり、各ニュース番組は軒並み視聴率がアップ。それにもかかわらず、加藤の番組だけは振るわずなのです」(テレビ雑誌編集者)

日に日に現実味を帯びる降板説。その後任候補が驚きだ。

「何と、元テレビ朝日の竹内由恵が筆頭らしいのです。2人の関係については、女子アナ通なら知られた話。犬猿も犬猿、互いの名を出すほど嫌っています。2人は、局は違いますが、2008年の同期入社。大学時代は同じアナウンススクールに通っていたこともあり、互いのレベルを認め合う〝親友〟だったといいます」(女子アナライター)

しかし、女の友情など、しょせん薄い氷のごとし。

「竹内はフジテビが第1志望。自分の名前を売るために『ミス慶応』に出たほどです。一方、加藤は民放なら受かればどこでもOKという感じ。入れ込み度が違っていたのです」(同・ライター)

2人は修復できないほどの不仲ともっぱら

ところが、フジテレビに受かったのは加藤。そのとき加藤は、仲のいい竹内にすぐ報告したという。

「加藤の合格を聞き、竹内は人目をはばからず泣いたといいます。加藤が受かったということは、竹内のメはない。しかも加藤は『竹内、受かったよ』と喜んで電話をしたというのですから、加藤の頭の軽さも驚きます。以来、2人は修復できないほどの不仲だともっぱらです」(同)

そんな竹内の〝復讐の日〟が、ジワジワ近づいているようなのだ。昨年末にテレビ朝日を退社しているが、大手事務所に所属。すぐに有名メーカー皮膚薬のCMをキメた。さらに7月9日より、ニッポン放送で初冠番組『竹内由恵 WITH!』のパーソナリティーとして登場。同局では7月から9月まで『竹内由恵 人生のメソッド』と2本の番組を持つという爆買われぶりだ。

「ニッポン放送はフジテレビの系列会社で、元は親会社。今でも影響力は絶大。竹内は同局で勢力を拡大し、近いうちにフジテレビの出番を虎視眈々。その流れがあったので、カトパンの後釜筆頭として名前が挙がったのでしょう」(前出のテレビ雑誌編集者)

竹内はテレビ朝日時代、同局の看板番組『報道ステーション』『スーパーJチャンネル』の両方でニュースキャスターとして活躍。もし加藤を追い出して『Live News it!』のキャスターに就けば、積年の恨みを晴らすことになる。何はともあれ、2人から目が離せない!