外出のために着替える必要ナシ 外に出ても恥ずかしくない、部屋着兼外着の"すっぴん服"

©株式会社ジェイ・キャスト

梅雨明けが近づいてきており、もうすぐ夏本番を迎えそうだ。夏本番に向けて、服やアクセサリーを急いで準備しなければならないと考えている人もいるだろう。しかし、夏本番と言われる時期は意外に短い。さらに、自粛の影響もあって今年は外出をすることも少なくなる。

写真は、「LaLa Begin」8・9月号(世界⽂化社)

それならいっそ、複雑なコーディネートにいちいち悩まないよう、好きな服や小物だけで夏の装いを制服化してみてはいかがだろうか。「LaLa Begin」8・9月号(世界⽂化社)では、「ボーイな女の夏の制服心得」と題して、この夏おススメの装いやアイテムを特集している。

写真は、トップス選びのテクニックのページ/「LaLa Begin」8・9月号(世界⽂化社)より
写真は、トップス選びのテクニックのページ/「LaLa Begin」8・9月号(世界⽂化社)より

自粛期間に多くの人から聞かれたのが、「外に出ても恥ずかしくない部屋着がほしい」という要望。買い物や散歩などの最低限の外出をする際、いちいち着替えるのは面倒。とはいえ、あまりにラフな格好だと知り合いに会った際に困ってしまうからだ。今号の「LaLa Begin」(世界文化社)では、部屋着でも外着でも使える服を、身も心もすっぴんで着る服として"すっぴん服"と名付け、そのおススメアイテムを特集している。

写真は、すっぴん服の特集ページ/「LaLa Begin」8・9月号(世界⽂化社)より

今号ではさらに、7月からレジ袋有料義務化がスタートしたことをうけ、サブバッグを特集。折りたためるサブバッグを常日頃から持ち運べば、急な買い物にも対応できる。さらに、バッグ選びのコツやコーディネートのアイディアなども紹介している。

写真は、サブバッグの特集ページ/「LaLa Begin」8・9月号(世界⽂化社)より
  • 書名:LaLa Begin 8・9月号
  • 出版社名: 世界文化社
  • 出版年月日: 2020年7月 9日
  • 定価: 600円(税込)

(BOOKウォッチ編集部)