最大半額支援の「Go Toトラベルキャンペーン」、夏休み旅行の大半も対象に 今知っておきたいこと

©Traicy Japan Inc,

観光庁は、Go To トラベル事業の詳細を決定し、国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の半額相当額を支援する。うち7割を旅行代金の割引に、3割を旅行先で利用できる地域共通クーポンとする。

1人1泊あたり2万円が上限で、日帰り旅行は1万円が上限。連泊制限や利用回数の制限を設けない。

まずは、海の日を含む7月4連休の前日の7月22日以降に開始する旅行代金の割引を先行的に開始する。割引額は旅行代金の35%。すでに予約している場合は旅行後の申請により割引分を還付する。郵送またはオンラインでの申請と、口座振込またはクレジットカード振込での返金を想定しており、詳細は事務局立ち上げ後に発表する。

確実ではないものの、すでに発売されている商品も還付対象になる可能性が高く、楽天トラベルで11日から開催される「THE SALE」や、東京大阪往復が1万円台など、東海道新幹線で実施されている「ひさびさ旅割引」、さらには、ディズニーリゾートパークパスポート付きのホテルの宿泊プランなども対象になる可能性がある。

支援が含まれる旅行商品や宿泊プランなどは、7月27日以降、準備が整った事業者から開始する。旅行業者や予約サイト、宿の直販予約システム(公式サイトの予約)が対象。

地域共通クーポンの本格実施は9月1日より後を予定しており、別途発表する。旅行代金の15%(半額相当の支援のうちの3割)をクーポンで渡す。1枚1,000円単位で発行し、1,000円未満は四捨五入する。利用時にお釣りは出ない。

地域共通クーポンは、旅行先の都道府県と隣接する都道府県において、旅行期間中に限って利用できる。購入できるものとできないものを定めており、土産物の購入や交通機関・観光施設の利用、飲食店の利用を想定している。

このほか、旅行需要を分散・平準するため、休暇の分散取得、有給休暇の積極的取得、ワーケーション、滞在型旅行の促進などを実施するとしている。