中日・石川昂弥のプロ初安打に「捌き方うますぎる」 玄人好みの一打にファン大興奮

©株式会社Creative2

中日・石川昂弥【写真:小西亮】

前日に肉離れした高橋周平に代わり、この日プロ初昇格となっていた石川

■中日 – 広島(12日・ナゴヤドーム)

中日のドラフト1位ルーキー・石川昂弥内野手が12日、ナゴヤドームで行われた広島戦に「7番・三塁」で先発出場。2回の第1打席にプロ初安打となる二塁打を放った。

11日の同カードで左太もも裏を肉離れした高橋周平に代わり、この日プロ初昇格となった石川。プロ初打席となった2回の第1打席、1死走者なしから広島の先発・遠藤の3球目、外角低めの難しいボールを捉えると、打球は左翼線に一直線。快足を飛ばし悠々と二塁へ到達した。

この動画を紹介した「DAZN(ダゾーン)」の公式ツイッターには「高卒ルーキーでプロ初打席初ヒットは凄すぎる」「マジで伝説になるんだろうな 全然簡単なボールじゃないし捌き方うますぎる」「彼は持ってた選手でした」「こんなガタイ良かったっけ」「伝説の序章に過ぎない」とファンからも驚きの声が。今季高卒新人では最速となるデビュー戦で、3球団競合の黄金ルーキーがいきなり期待に応えた。

【動画】中日石川の記念すべきプロ初安打 外角低めの難しいボールを左翼線に運んだ実際の映像

#石川昂弥 プロ初打席で
2ベースヒット💫💫💫

期待の高卒ルーキーがいきなり結果を出す👏👏👏

⚾プロ野球・公式戦(2020/7/12)
🆚中日×広島
📲#DAZN で配信#dragons #中日ドラゴンズ #ドラゴンズ pic.twitter.com/BO0It39gLo

— DAZN Japan (@DAZN_JPN) July 12, 2020

【動画】中日石川の記念すべきプロ初安打 外角低めの難しいボールを左翼線に運んだ実際の映像 signature

(Full-Count編集部)