2つの子宮を持つ女性、双子をそれぞれの子宮で妊娠する。「5000万分の1の可能性」と医師は驚き

©ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社

イギリス・エセックスに住むケリー・フェアハーストさんは、妊娠12週間の超音波検査で双子を妊娠していると伝えられた。

しかしフェアハーストさんとパートナーのジョシュア・バウンディさんにとって、その驚きはもう一つニュースの前にかすんでしまった。

「超音波検査師さんから、ケリーには子宮と頸部が2つあって、双子がそれぞれ別の子宮で育っていると言われたのです!」と、ふたりはInstagramに綴る

フェアハーストさんは、子宮が2つある「重複子宮」だ。重複子宮の女性が別々の子宮に双子を妊娠することはとても珍しく、医師から「可能性は5000万分の1」と伝えられたという。

「助産師からも30年間仕事をしていて、初めてだと言われました」と、フェアハーストさんはUSAトゥデイに話す。

フェアハーストさんたちがInstagramに投稿した妊娠14週目の超音波写真には、並んだ2つの子宮のそれぞれに、双子が育つ様子がうつっている。

フェアハーストさんとバウンディさんの間には、4歳のアギネスさんと3歳のマーゴットさんの2人の子どもがいる。

「2人目を妊娠した時に、重複子宮かもしれないと言われました。そして子宮の一つは完全に形成されていないだろうということだったので、超音波検査で双子を妊娠していると知って本当に驚きました」と、フェアハーストさんはザ・サンに説明する。

ニューヨーク大学母体胎児医学科のアシュリー・ローマン博士によると、重複子宮の状態になる確率は1%以下だという。

ローマン博士は、妊娠はおそらく排卵が2回起きたことによるもので、双子は二卵性だと考えられるが、一卵性である可能性も否定できないとUSAトゥデイに話す。

ロンドンのセント・ジョージズ病院の産科専門医アスマ・ハリル教授も「双子が一卵性であることは可能性として起こりうる」とザ・サンに語っている。

ハリル教授によれば、重複子宮の女性が一卵性双子を出産したケースは世界でも数えるほどしかなく、過去には1人目を妊娠25週間で出産し、もう1人の妊娠は妊娠後期まで続いたケースがあったという。

フェアハーストさんの医師は、双子が早産で生まれてきてフェアハーストさんが2回出産しなければいけないことを心配しており、11月の出産は帝王切開を予定している。

フェアハーストさんは双子を妊娠した後、インターネットで重複子宮の双子の妊娠を調べた。すると赤ちゃんを1人もしくは2人とも失ったと書かれている投稿がたくさんあり、心配になったという。

重複子宮の女性たちをつなぐ目的でInstagramページを作ったところ、無事に出産した人たちからメッセージが届いているという。

「こんなことが自分に起きて、素晴らしい赤ちゃんがふたり生まれてくることに感謝します」とフェアハーストさんは話す