インターンシップをマッチング 県がウェブで企業と学生橋渡し

©株式会社山陽新聞社

岡山県庁

 岡山県は18日、インターンシップを希望する学生と受け入れる企業の出会いの場を設ける「マッチングフェア」をウェブ形式で開く。例年は会場に集まり開催していたが、新型コロナウイルス感染防止のため、切り替えた。

 ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を活用。建設、小売業や介護など県内を中心に約50社が参加し、午前9時半~午後4時の間に1社につき45分、自社PRや質疑応答を行う。学生は興味のある企業があれば、フェア後にインターンシップを申し込む。

 19日午後1時半からは、企業の採用動向やビジネスマナーが学べる研修会をウェブ形式で開く。定員は申し込み順で150人。

 いずれも参加無料で「Web版おかやまインターンシップマッチングフェア」のポータルサイトから事前登録する。問い合わせは事業委託先の県中小企業団体中央会(086―224―2245)。