「男の人に、自分の職業を言えない…」表向きは華やかな25歳女が、深夜の街を彷徨く理由

©東京カレンダー株式会社

—ありのままの自分を、好きな男に知られたくない。だってきっと、また引かれてしまうから…。

高杉えりか、25歳。テレビ局に新卒で入社し、花形部署で働いている…といった、表向きは華やかなキャリアを突き進む女。

しかしその実情は…。プライベートはほぼ皆無、男社会に揉まれ、明け方から深夜まで拘束される報道記者。しかも担当は、血なまぐさい事件ばかりだ。

だけど、恋愛も結婚もしたい。そんな普通の女の子としての人生も願う彼女は、幸せを手に入れられるのかー?

左、左、左。あ、イケメン。右、左、左……。

『バッテリーの残量が20%になりました』

暇つぶしがてら無心でスワイプを続けていたら、スマートフォンの画面が少し暗くなり、突然ポップアップが浮かび上がった。

左上の時刻は『00:26』。

溜息をついたえりかは、スマートフォンをパンツのポケットへ無造作に押し込んだ。仕立てのいい生地で作られたジャケットが、湿気を帯びたぬるい風にあおられてひらりと揺れる。

「見てくれるのがおっさんばっかじゃ、セリーヌも泣いてるよね…」

入社して初めてのボーナスで、奮発して買ったジャケット。買ったばかりの頃はそれはそれは丁寧に扱って、居酒屋に行っても周囲のタバコや焼き鳥の煙がつかないよう、店員に預けて眉をひそめられたものだった。

あれから3年。ハイヤーで寝るときには丸めて枕代わりにし、昼間は土ぼこりにまみれ、今は電柱にべったりともたれかかって汚れようが、お構いなし。

もう一度溜息をついたとき、暗がりから足音が聞こえてきた。

えりかは慌てて電柱から身を離し、背筋を伸ばす。風で乱れていた、肩より上で切りそろえた黒髪のショートボブを手で撫で付ける。

「なに、俺のところ来たってなにもないよ」

低く不愛想な声に、えりかはとってつけたような笑みを顔に張り付けた。

「またまた。そんなこと言わないでくださいよ、一課代理。今日も遅かったですね」

「勘違いされるだろ、若い女が家の前でジーっと待ってたら。迷惑なの」

待ちたくて待ってたんじゃないやい。

「渋谷のラブホで見つかった遺体の女性、交際相手がトんでるって聞きました」

「若い女がラブホとか言うんじゃないよ、50のおっさん相手にさ」

男が息を吐くと、汗とタバコの匂いがゆらゆらと漂う。

えりかは頬をふくらませ、上目遣いに男をわざとらしくにらみつけた。

「だって私、警視庁一課担当の記者ですから」

警察から話をきくため、深夜に徘徊する25歳の女。そんな彼女のプライベートは…!?

「じゃあ、カンパーイ!」

『RIGOLETTO BAR AND GRILL』に集まった男女6人の明るい声と、グラスの当たる音が重なった。爽やかな炭酸が口の中で弾け、えりかは思わず笑みを浮かべる。

今日は土曜日。先週は土日返上だったので、およそ2週間ぶりの休日だ。

えりかがキー局のTQBテレビに入社して、3年が経つ。同時に、報道記者歴も3年となった。

警視庁担当記者になってからは半年だが、噂以上の過酷な毎日を過ごしてきた。

「夜討ち朝駆け」と称し、捜査員…つまり警察官の出勤と帰宅を、毎日自宅前で待ち伏せてネタを取るため取材をする。

こうして取ったネタが、「捜査関係者によりますと…」という前置きとともに、ニュースで報道されるのだ。

しかしこれが大変で、えりかは大体朝4時に家を出て、ハイヤーに乗る。帰宅は日付が変わる頃に帰ることができれば、「今日は早かったな」と喜ぶくらいだ。

土日は土日で、平日に会えない捜査員の元に行ったり、事件取材に行くことが多い。

ーこんな25歳、彼氏できるわけないよなあ……。

「それ、おいしいですか?」

「えっ」

物思いに耽っていると、ふいに話しかけられ、えりかは慌ててグラスから唇を離した。

「いや、すごく味わって飲んでるなって思って」

「あ、いや、お恥ずかしいです」

穏やかな声に、頬が赤くなるのを感じた。

癖のない黒髪を自然にセットした男性は、えりかの正面に座り、その髪型と同じくらい自然に微笑んでいる。

「私、こういう場っていうか、食事会自体が久しぶりで……」

彼の嫌味のない甘いマスクに、自然と小さな声になってしまった。

すっと通った切れ長の瞳、白くすべすべとした肌。タイプど真ん中だ。

えりかの挙動がやや不審となっているのにも構わず、男性は再びグラスを差し出す。

「俺もです。幸村創太といいます」

「あ、えりかです。高杉えりかです」

「食事会、久しぶりなんですね」

「そうなんです。最近忙しくて、休みも本当に久しぶり……」

そこまで話して、しまった、と口をつぐんだ。と同時に、テーブルの下で隣から華奢な膝をぶつけられる。

同じ会社でニュース番組のディレクターをしている萌は、視線こそ全くこちらに向いていないが、ただ膝に与えられた衝撃が物語っていた。

『余計な事言わないでね』…。

「へえ、大変そうですね。忙しいって、どんな仕事しているの?」

ほらきた、当然の流れだ。避けては通れないとわかっていた。これは最大の難関なのだ。

「えっと、……外回りをしています!あんまりデスクワークはしないかな。創太さんは?」

えりかは一気に言い切り、満面の笑みを創太に向けた。

こういうときは、さっさと話題を相手に投げてしまうのだ。

「自動車メーカーで営業をしています。俺も外回りばっかり。えりかさんも営業?」

「そんな感じです」

うふふ、とあいまいに濁す。嘘は言っていない。本当のことも言っていないが。

創太も、仕事について触れられたくないことを察したらしい。

「そうなんだ。先週の土日は、何していたんですか?」

「土日……」

殺人事件の取材で、朝と晩はハイヤーに乗って捜査員を追いかけ、昼間は事件現場の住宅街で片っ端からインターフォンを鳴らし続けていました!…なんてことを言ったら、始まる恋も始まらない。

「ドライブしたり、散歩したりしていました。創太さんは?」

「俺はね……」

タラランタンタン。タラランタンタン。

創太の言葉を遮って、軽快な電子音が店内に響いた。

同じテーブルにいた男女の注目が、えりかの手元に置かれていたスマートフォンに集まる。

えりかは、すみません、と慌ててスマートフォンを裏返し画面を確認した。

表示されていたのは『本郷キャップ』。嫌な予感に、こめかみがひくりと震える。

もう一度、すみません、と小さく謝ってから、えりかは店の外に出て携帯を耳に当てた。

タイプの男性に引かれるのが怖くて、職業を隠してしまったえりか。そんなときに、不穏な電話が…!

「高杉です」

「休みんとこ悪いな。今大丈夫か?」

TQBテレビの警視庁担当記者を束ねるキャップ・本郷の低い声に、えりかは眉を寄せる。ダイジョブだろうがダイジョブじゃなかろうが、関係なしのくせに。

「食事会してました…」

「おー、悪いな。お前、彼氏ずっといないもんな」

余計なお世話である。

「でさ、また新宿のカラオケ店でコロシがあったみたいで。多分、外国人同士のドンパチなんだけど。一応今から行ってくれない?」

ほら、ちっともお構いなし。いつもこうなのだ。

労基法関係なし、休日関係なし、代休存在せず。事件があれば、一番下っ端のえりかが真っ先に呼びつけられる。

「わかりました、タクシー捕まえていきます」

「悪いな」

ブツッと電話が切れた瞬間に、えりかは大きなため息をついた。

買ったばかりのノースリーブの白いニットワンピース、早くもお役御免。

楽しそうに盛り上がるテーブルに戻るが、えりかは椅子に座らず荷物をまとめる。

「ごめんなさい、急に仕事になっちゃいました」

「え、本当?大変だね」

創太は目を丸くし、驚いた表情を浮かべる。

穏やかな物腰、優しい声。あーあ、もっと仲良くなりたかった。

口惜しい思いをしながら、えりかはスタッズがきらめくヴァレンティノのバッグを肩にかけた。

深紅の革が、ずっしりと重く皮膚に食い込む。急な呼び出しに備えてデジカメを忍ばせていたのだが、今日もこの気配りは無駄にならなかったなあ、と落胆した。

食事会開始10分で仕事に呼び出される女なんて、恋愛対象外だろう。

いつもそうだ。キー局勤務、しかも激務の報道記者。そのなかでも殺人や強盗をメインに取材する記者なんて、彼氏ができるわけないのだ。

「じゃあ、また……」

「えりかさん」

そそくさと去ろうとするえりかを、創太が呼び止めた。そのまま、QRコードの表示されたスマートフォンがすっと差し出される。

「よかったらLINE、教えてほしいなと思って。またゆっくり食事しませんか」

「えっ」

終わった…とばかり思っていたえりかは、驚いて創太の顔を見た。その優しい微笑みに、慌てて私用の携帯を取り出し、画面をかざす。

「せっかくのご縁だし、これで終わったらもったいないじゃないですか」

「そんな……」

思いがけない言葉に、声を詰まらせた。

いつも食事会でいい感じになっても、途中退席ばかり。連絡先交換にたどり着いたことがなかったのに。

「そう言ってもらえただけで、今日来てよかったです!」

「あはは、えりかさん面白いですね。あとで俺からLINEします」

熱くなった顔を見られないように、えりかは頭を下げて店の外に出た。

土曜の夜は、あちらこちらで男女が肩を寄せ合っている。六本木ヒルズから漏れる明かりが、スポットライトのように彼らを照らしていた。

その間をすり抜けるようにして、えりかはタクシーを捕まえた。

「歌舞伎町まで、急ぎでお願いします」

息を弾ませながら行き先を告げたとき、ポケットの中で携帯が振動した。 仕事用をみるが、通知はない。プライベートの方だ。

創太からのLINEだった。

『幸村です。さっきはお疲れさまでした』
『言いそびれたんですけど、仕事頑張ってる女性、すごく素敵だと思います。大変だと思いますが、お仕事頑張ってください』

「す、すごく素敵って…。私のこと?」

慣れない単語に、胸の奥がぎゅっと掴まれるような感覚がした。

まさかこんな働き方をしていて、“素敵”と褒められるなんて。頬を緩ませると同時に、再び携帯が震えた。今度は仕事用のほうだ。

画面には“本郷キャップ”と表示されているが、さっきとは違う、明るい気持ちで耳に当てる。

「高杉です」

「容疑者はラリったまま逃走中らしい。現場着いたら、目撃者探してインタビュー撮って」

「わかりました!」

「なんだよ、なんか元気だな」

背中を押してくれる男性がいたら、こんなに心強いなんて。えりかは勢いよく返事をする。

「はい。頑張ります!」

ー仕事も、恋も、ね。

言葉にはしないまま、えりかは小さく笑った。

▶他にも:コンパス〜28歳、人生の羅針盤〜:年収1,300万の美女が、交際中の男を捨てた残酷な理由

▶NEXT:7月20日 月曜更新予定
創太との出会いに浮かれるえりかだが、殺人事件が発生。そこで被害者取材の難しさに直面し…