中村アン「役どおりの中島裕翔くん。セリフでも助けてくれます」

©株式会社光文社

「玉井は頭の回転も速く、人の心理も読み解くクレバーな女性。私との共通点は、仕事好き、世話好き、っていうところでしょうか。ノースリーブにタイトなスカートをはくと、『SUITS』の世界観に入れる感じがします」

そう話すのは、月9ドラマ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系・毎週月曜21時〜)で凄腕弁護士・甲斐(織田裕二)の秘書で頭脳明晰、人心掌握に長けた女性・玉井を演じている中村アン(32)。原作はNYの大手弁護士事務所を舞台に、個性あふれる面々が難関訴訟に挑む全米メガヒットドラマ。日本版も原作に沿って、強者たちが奮闘を繰り広げる。

「織田さんや(弁護士事務所代表役の)鈴木保奈美さんの圧倒的な存在感に負けないように、緊張を隠しながらも頭をフル回転させてお芝居しています」

驚異の記憶力を持つ青年・鈴木役の中島裕翔にはすごい特技が!

「役どおり、賢いんです。セリフも全部覚えているので、私がセリフに詰まってしまったら、彼に教えてもらったりしています(笑)」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で撮影も中止となっていたが……。

「仕事からプライベートへの切り替えとして元々していた1人家飲みが、この自粛中に進化しました。おつまみは魚や肉を焼くだけだったんですが、煮込んだりするお料理を作るようになりました。太りやすいので、低カロリー、低糖質を心がけ、お肌のために牛乳を豆乳に代えたりと工夫しています」

ジムに行けなかったことで、筋膜はがしにもハマったそう。

「ローラーやボールなどで、全身をほぐしています。台本読みながら1時間くらいかけて。姿勢もよくなって小顔になります。足の裏がちゃんと地面に着くようになるので体が快適になるんですよ」

「女性自身」2020年7月21日号 掲載