ルノーF1が“ピンク・メルセデス”レーシングポイントRP20に正式抗議。FIAがW10との類似性を調査へ

©株式会社サンズ

 2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP決勝終了後、ルノーがレーシングポイントの今季型マシンRP20の合法性に関し、抗議の正式な手続きを取った。RP20には2019年のタイトル獲得マシンであるメルセデスW10との類似点が多いことに、一部チームは不満を示している。

 RP20はテストから速さを見せ、レーシングポイントは“トップ3チーム以外のトップ”に浮上するものと予想された。実際、グランプリでも強さを見せ、第2戦シュタイアーマルクGPでは、セルジオ・ペレスが6位、ランス・ストロールが7位を獲得した。

 ルノーは、RP20のフロントおよびリヤのブレーキダクトに関して違反の疑いがあるとして抗議を行った。レーシングポイントが、コンストラクターが自ら製作することを義務付けられた「リステッドパーツ」に関する違反を犯していると、ルノーは考えている。

 スチュワードは両チームの代表者、FIA技術部門代表者から話を聞いた結果、ルノーの抗議はFIA国際モータースポーツ競技規則に定められているすべての要件を満たしており、受け付け可能なものであるとの結論を出した。

 FIA技術部門代表者が2台のマシンの関連パーツを押収、今後、詳細な調査を行うという。スチュワードは、比較のため、メルセデスに対してW10の同様のパーツを提出するよう求めた。

メルセデスの2019年型マシンW10

 FIA技術部門は調査結果をスチュワードに報告し、次回審理の日程が決められることになる。