熊本・人吉で1週間ぶり学校再開

球磨川氾濫

©一般社団法人共同通信社

豪雨で臨時休校していた中学校が再開し、登校する中学生。奥は球磨川=13日午前8時22分、熊本県人吉市

 豪雨で球磨川が氾濫し、大きな被害を受けた熊本県人吉市で13日、臨時休校していた小中学校が再開し、約1週間ぶりに児童らが登校した。児童や生徒約2500人はいずれも無事が確認されたが、市外や県外で避難生活を送る人もいる。市は、登校できない場合も欠席扱いにしない方針。

 4日未明の水害発生を受け、市内の9校が臨時休校となった。通学路の橋が流された地域もあり、見守り活動をするボランティアらが交差点などに立って児童らを迂回路に誘導した。ランドセルなど学校用品を水害で失った児童らに向け、市が教科書のコピーや文房具も提供した。