万博プロデューサー10人発表

河瀬、石黒、落合氏ら

©一般社団法人共同通信社

大阪・関西万博のプロデューサー

 2025年大阪・関西万博の運営主体である官民組織「日本国際博覧会協会」が13日、会場デザインやパビリオン展示、演出などを担うプロデューサーの発表記者会見を大阪市で開き、映画監督の河瀬直美氏やロボット学者の石黒浩氏、メディアアーティストの落合陽一氏ら10人が就任したと発表した。

 河瀬氏はシニアアドバイザーも兼務する。総括プロデューサーは置かず、河瀬氏や建築家の安藤忠雄氏ら15人のシニアアドバイザーが重要課題などについて助言する。石黒氏は「50年前の万博は今でもさまざまな影響を与えている。50年先にレガシーとして受け継がれる万博にしたい」と抱負を述べた。

2025年大阪・関西万博のプロデューサーに就任し、あいさつする映画監督の河瀬直美氏=13日午前、大阪市